ホーム > FXを勉強 > 約定とは?

約定とは?

更新日:2013年11月2日

FX取引における約定とは注文が成立する事です。取引画面の約定履歴を見ると、どのような形で注文が成立したかが分かるはずです。外国為替市場は24時間休みなく動いています。

外国為替証拠金取引でチャンスをつかむには市場の動きを注意深く見守らなければなりません。ですが、不眠不休で市場の動向を観察する事はで難しいです。特に仕事や勉強があればなおさらです。そこでずっとパソコンにかじりついている時間が無い人のために、とても便利なサービスが有ります。予め売買の条件を決めておいて予約注文を出す条件注文です。

具体的には、ある通貨の為替レートがいくらになったら買い、あるいは売るという条件を決めておき、その条件に合った注文を出しておくことです。これによって、為替市場の動向に一喜一憂することなく、安心してFX取引ができます。条件注文の基本となるのは指値注文です。

これは豪ドルが95円になったら売る、あるいは豪ドルが91円になったら買うというように選択したレートになったら売買を行う注文方法です。価格が円高になったら買うあるいは円安になったら売るという場合に活用します。次に指値注文とは逆のストップ注文の紹介をしたいと思います。

この注文は今持っているポジションの損失を一定の範囲内に限定しようとする時にとても便利です。FX取引をする際には便利な注文方法を活用して少しでも有利な形で約定して終えられると良いはずです。条件注文には基本形の指値注文とストップ注文の他に応用形として利益を確保し損失を限定するための便利な方法がいくつか有ります。

その1つが新規注文と決済注文を同時に出すIFD注文です。IFD注文とは新規注文が成立したらその時点でもう1つの注文を組み合わせて出すという注文方法です。為替レートは予期せぬニュースによって乱高下することが少なくありません。

例えば、日本時間の深夜にニューヨーク市場で為替相場が大きく動くのはよく有る事です。IFD注文はそのような状況下で利益を確保する時に真価を発揮します。

人気記事ランキング

FX取引における約定とは注文が成立する事です。取引画面の約定...

ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎて、証拠金維持率があら...

人の人生にとって大切なものは色々ありますが、中でもお金は特に...

FXにおけるスキャルピングとは、数十秒から数分程度の短いスパ...

カテゴリー